国の貸し出し

国の借入れが誠に729兆円に達したって従来新聞紙で読んだことがあるのですが、国の借入れってこういう費用以外にも、異質会社や田舎の借入れも入れる国の借入れの費用は、誠に1000兆円を超えるといわれています。こういう和風という国の借入れは誠に先進諸国の中では一番の借入れ額になっているといわれています。こういう借入れの多さで、過去には、日本の国債の書くd実家が下がることもあるといわれています。これはトヨタやホンダ、ソニーといった組合よりも和風という国の格付けが酷いということになります。
この国の借入れをこのまま放っておいても、借入れ支払は可能なのかということを考えると本当は結果から話せば国の借入れはすでに遅かれ早かれ破綻してしまうといわれています。日本の国の借入れを何とかして破たん打ち切るで済む方法はただ一つで、好況が起きればそれは防げるといわれています。日銀が国債を無制限に買えば好ましいということになります。簡単に言えばゼロ万円を大量に印刷してそれを空からまいておけば国の借入れはなくなるのですがそのかわり、国民の身辺は破綻してしまう。他にも、国の借入れをぶち壊す方法はありますが結局は国の借入れを立て直すのにしわ寄せになってくるのは市民ということになりますね。